アルト・クレフ大濠 小川典子 ピアノ プロフィール

プロフィール 小川典子

プロフィール


小川典子 ピアノ
Noriko Ogawa

小川典子 公式ホームページ

繊細なタッチからダイナミックな大音量まで楽器の能力を最大限に引き出す、日本を代表するピアニスト。
  東京音楽大学付属高校を経て、ジュリアード音楽院に学ぶ。1983年日本国際音楽コンクール2位入賞。1987年リーズ国際コンクール3位入賞。これを機にロンドンと東京を拠点として活動を始める。NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団など、日本の主要オーケストラはもとより、フィルハーモニア管弦楽団、エーテボリ交響楽団、ロイヤル・リヴァプール管弦楽団、サンディエゴ交響楽団、ラハティ交響楽団、ノース・キャロライナ交響楽団など、またサイモン・ラトル、レナード・スラトキン、オズモ・ヴァンスカなど、世界の主要オーケストラ、指揮者との共演も数多い。ベルゲン音楽祭、オーストラリア室内楽音楽祭、ラトビア音楽祭、オールドバラ音楽祭など海外の音楽祭に参加。BBC主催音楽コンクールの審査員や、チータム音楽院夏講習会の教授、王立音楽教育協会の教材に協力するなど、若いピアニストたちへの関わりも深い。
  1996年の武満徹ピアノ作品集の録音以来、北欧最大のレーベルBISと専属契約を結び、話題を呼ぶ20枚のCDをリリース。現在、ドビュッシー・ピアノ作品全集の録音が進行中である。最新盤である3枚目を含め、いずれも英グラモフォン誌を筆頭に世界各誌で特選盤、BBCラジオで「今週の一枚」として選出されている。
  英国の実力派ピアニスト、キャサリン・ストットとピアノデュオを結成。2003年、2人のために作曲されたBBC委嘱作品、G・フィトキン作曲の2台ピアノ協奏曲「サーキット」を世界初演。2004年日本初演。同曲は、2007年にミューザ川崎シンフォニーホールにて東京交響楽団とCD録音予定。
  今シーズンは、ミネソタ管、ロイヤル・リヴァプール響、クイーンズランド管、ケニア演奏旅行、ヘールスワース音楽祭、ハイゲイト音楽祭、ラ・フォル・ジュルネなど、国際的で多彩な活動を展開している。2006年カナダ・ホーネンス国際コンクール審査員。デビュー20周年を迎える2008年にはサントリーホールをはじめとして各地でのリサイタルを予定している。
  音楽之友社刊「ムジカ・ノーヴァ」誌に“小川典子のロンドン・メール”を好評連載中。ミューザ川崎シンフォニーホール・アドヴァイザー。「ジェイミーのコンサート」主宰。
  1999年文化庁芸術選奨文部大臣新人賞受賞。2006年川崎市文化賞受賞。

戻る

  • このページのトップに戻る
  • メールでお問い合せ