アルト・クレフ大濠 松尾 興 バリトン プロフィール

プロフィール 松尾 興

プロフィール

松尾 興


松尾 興 バリトン
Kou Matsuo

 

長崎県佐世保出身。
国立音楽大学声楽科卒業。野中匡雄氏に師事。
オーストリアのザルツブルグにて、K・マイヤー、I・A・コッラデッティ、R・クノールの諸氏に師事。
’86年西日本新人紹介演奏会「福岡音楽文化協会賞」受賞。’88ザルツブルグ国際声楽コンクール入選。’89国際コンクールin下関、声楽部門「審査委員長賞(東 敦子)」受賞。
ザルツブルグなどでの多くのコンサートに出演する他、ベートーヴェン「交響曲第九番」、ヘンデル「メサイヤ」、モーツァルト「戴冠ミサ」、バッハ「カンタータ」などのソリストとして数多くの指揮者やオーケストラと共演。
オペラでは、東京はじめ日本各地にて、「フィガロの結婚」(フィガロ、伯爵)、「ドン・ジョヴァンニ」(タイトルロール)、「椿姫」(ジェルモン)、「リゴレット」(タイトルロール)「オテロ」(ヤーゴ)、「トスカ」(スカルピア)、「海の子守唄」(老人)を演じ、高い評価を得た。
’92~’95には東京・名古屋・大分・福岡・北九州・佐賀・長崎にてイタリアのソプラノ、T・デゥカーティ(パヴァロッテイ国際コン、ヴェルディ国際コン優勝者)と共演。’93福岡ドームでのマザーテレサ支援コンサート出演。
’96にはイタリア・カルザーナ市立歌劇場ニテ「リゴレット」(タイトルロール・初日)やオペラコンサートにも出演した。
同年11月佐世保市の市民オペラに招かれ「ドン・ジョバンニ」タイトルロール、’97名古屋にて「トスカ」スカルピアを演じ、その朗々と響く豊な声と性格表現の深さで聴衆を魅了した。
近年は九響をはじめとするオーケストラとのオペラコンサートや、各地でベートーヴェンの第九などに多数出演、堂々たる声を持つ西日本を代表するバリトン歌手である。福岡在住。

戻る

  • このページのトップに戻る
  • メールでお問い合せ